格安航空会社とは何か

格安航空会社はLCCのことです。
LCCというのはLow Cost Carrier(ローコストキャリア)の略で、エルシーシーと読みます。
そしてLow Cost Carrierを日本語にすると格安航空会社という意味になります。
格安航空会社とLCCは別物ではなく同じものであり、このように思っておくと、情報収集をする際に混乱してしまうことがなくなるでしょう。
なお、格安航空会社の国内初の定期便乗り入れは、2007年の3月のことです。

格安航空会社というぐらいですので、飛行機に乗るための料金が低価格に設定されているのが特長です。
2ヶ月前やセール、バーゲン、キャンペーンといったタイミングで販売されている格安航空会社のチケットは、通常より安く入手することが可能です。
なお、格安航空会社のチケットは自社サイトでのネット直販がメインですが、電話での販売を行なっているところや、一部の航空会社では旅行会社や旅行サイトでもチケットの購入が可能なところもあります。

上記のように、安さばかりが取り上げられることが多い格安航空会社ですが、実際には低価格で航空券の購入が可能なこと以外にも、複数のメリットがあります。
また、安いことには理由があるということで、格安航空会社にはデメリットといえるような部分も少なからずあります。
このサイトでは、格安航空会社の特徴を知りたいと思っている人のため、メリットとデメリットをご紹介します。
興味がある方は別のページをチェックし、利用するかどうか決めるための判断材料としてお役立てください。



〔PICKUP-SITE〕
格安航空会社のピーチ航空のチケットを調べられる比較サイトです ... ピーチ航空